高久 和男 /所属講師

高久 和男

高久 和男(たかく かずお)

所属:有限会社キュー

1983年に銀行のIT子会社へ入社。クレジット業務・銀行業務・証券業務など大口顧客の各システム開発において、システムエンジニアやプロジェクトマネージャとして多くの大型プロジェクトに参画した。
2017年に三十有余年に渡る開発現場から人事部ダイバーシティ推進室に異動し、両立支援(介護・病気)と中高年の活躍推進施策を主に担当。
「タイムマネジメントで働き方改革」、「仕事と介護の両立のために」という2本のDVDを使用した「ダイバーシティ視聴覚研修」を企画し、社内の研修室で年間数十回の上映を行い、誰でも自由に参加できるようにしたことで約8割の社員が受講した。
また、自ら外部研修で中高年キャリア研修を受講した結果その必要性を痛感し、毎年50歳以上を対象としたキャリアエンカレッジ研修を社内展開し運営している。
その他、ダイバ-シティ関連活動実績をまとめた「ダイバーシティレポート」の冊子編集や、ホームページにダイバーシティのサイトを作成するなど、社内外への情報発信を行っている。
プライベートでは42歳のときに悪性リンパ腫を患い、抗がん剤治療と放射線治療を経験。その後も数回にわたる再発で抗がん剤治療を繰り返し、55歳で自己末梢血細胞移植、59歳で同種細胞移植を経験するがんファイター。

Q1. 私の人生状態(家族構成)

1960年4月18日生まれ 横浜市出身。
 妻と娘2人(ともに社会人)の4人暮らし。35歳の時にマンションを購入し川崎市に移住。川崎と言うと「空気が悪い」、「治安が悪い」、と言うイメージがありますが、多摩川の河川敷では有志によるソフトボールリーグの試合があったり、町内の広場ではお花見やお祭り・餅つきなどのイベントがあったりと、一昔前を思い出させる風情のある街です。毎年多摩川の花火大会はほぼ真正面のロケーションで見物しています。「引越ししてきて一番良かったのはお父さんだね」とよく家族から言われます。
 幾度も癌を患いその都度普段の生活に戻ってこれているのは、「まだまだ人のための貢献が足らない」と言われている気がします。

Q2. チャームポイント

何故かいろいろな人から可愛がってもらっています。

Q3. モチベーションの源泉

縁の下の力持ちとして組織がスムーズに運営出来ているときにモチベーションが上がります。 プライベートでも町会の総務部長、子ども会の会計、ソフトボールリーグの広報部として広報誌の作成など、裏方としての仕事をしているとイキイキと感じます。

■私のライフチャート

わたしのライフチャート